ぐるーぷ紹介

<創立>

 1981年6月18日

 障がいのある子供たちにえほんの喜びを、おもちゃの楽しさを感じてほしいという思いから、読むだけでなく「さわれる」「はめたり、はずしたり」できるものを考案したのが始まりです。それは今ではすべての子供たちに楽しいものになりました。

「自分の子どもにひとつ作ったら、ハンディのある子どもや地域の子どもたちのために、もうひとつを」という初代代表 故池上従子さんの

思いをつないでいます。

<メンバー>

 現在会員数は26名 50代~80代まで全員が女性で半数以上が20年以上在籍しています。

<活動>

 毎週木曜日(10時-16時)横浜市健康福祉総合センター(横浜市中区桜木町)に集まり、布えほん、布遊具の制作、貸出しを行っています。

その他、講演会、講習会、展示会を不定期で行っています。

また、学校、図書館、福祉関係の施設、子育て支援グループ等に作品の寄贈、販売も行っています。

<作品>

 これまでに50種類のえほん、90種類の遊具を考案制作しました。

 

 

 

 

<出版物> 

偕成社より

 「手作り布の遊具(3)」

 「かくれんぼ」

 「ちいさなまじょのぼうけん」

 「ボタンがふたつ」           

 「ちくちく布の絵本」

その他

 テキスト集

 きょうはだれのたんじょうび

 

 

<作品の特徴>

布、フェルト、ひも、スナップ、ファスナー、面テープ、ボタンなどを使い遊びの中で、はずす、はめる、ひっぱる、おしつける、

あわせる、ほどく、むすぶなどの動作を通して学習できる楽しさをプラスしています。